バイクサーキットライテク上達ハングオフ膝擦りを目指すライダー必見 ライン取り〜コーナリング走り方習得 サーキットで『超・自在に膝が擦れる!』大人のライテク講座

ブレーキング

ブレーキング

画像の説明

体重移動が終わったら、即ブレーキングを開始します。


フロントブレーキの握り方の感覚としては、


 ・レバーを優しく『ギューッ』と握る感じで

 ・フロントフォークを『ジワーッ』と縮める感じで

 ・フロントタイヤを『ムギューッ』と押し付ける感じで


フロントタイヤの接地面、グリップ力を感じることがキモになってきます。

自分の技量で、感覚の許す限り目一杯フルにフロントブレーキレバーを握って下さい。

サーキットでは、毎コーナー同じ感覚で安定した入力量を心がけることが、上達するポイントですね。


この時、同時にリヤブレーキも使います。

使わない方もいますが、リヤブレーキを使うメリットとして、フルブレーキング中のバイクの挙動を安定させてくれますし、制動距離も若干縮まります。

特に、路面のギャップが多いところで効果を発揮しますよ。

リヤブレーキに関しては、少し当てる程度の感覚でいいでしょう。




ステップのポジションとして、

足裏の土踏まずをステップに乗せ、くるぶしで内側へホールドする感じにします。



しかし、ブレーキングポイントはどこ? という素朴な疑問がありますね。


これは正直一言では言えません。

なぜならば、個人のブレーキングの技量によって変わってくるからです。


例えば、極端な話しですが、

プロライダーのフルブレーキングを開始するポイントと同じポイントで、あなたは十分に減速できるでしょうか?

プロライダーの技量は、私たちにとって異次元です。

車速が同じであれば、もれなくアウト側へ飛び出すでしょう。


あなたの車速、あなたの技量によって変わってきます。

バイクの性能によっても当然変わってきます。


あなたのブレーキングポイントを決める方法として、


 ・毎周安定した車速で走る

 ・毎周安定したブレーキ入力量で走る


この時点では、まずはワインディングで走る感覚でOKです。


次に、


 ・少しずつ車速を上げる

 ・少しずつブレーキ入力量を増やす


だんだん、おおよそのブレーキングポイントが定まってきます。

この時、ブレーキングポイントの目印を決めておきましょう。


距離の看板や(100m看板など)、冊の切れ目などが覚えやすいです。


毎周走りにバラツキがあると、ブレーキングポイントを定まりにくくなってしまいます。

現時点での技量で、安定した走りを心がけることが重要です。

そうすることで、徐々にしっくりくるブレーキングポイントが定まってくるはずです。


ブレーキングが安定してくれば、次の倒し込みのポイントも見えてきます。


      戻る 体重移動      次へ 倒し込み



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional