バイクサーキットライテク上達ハングオフ膝擦りを目指すライダー必見 ライン取り〜コーナリング走り方習得 サーキットで『超・自在に膝が擦れる!』大人のライテク講座

一次旋回

一次旋回

画像の説明

ここからバイクの向きをいっきに変える、コーナリング一次旋回です。


この時に、イン側のハンドルバーを押してしまうと、セルフステア機能が弱まり、旋回性が悪化します。


両腕が突っ張り棒にならないように、上体を下半身でホールドしましょう。


ブレーキング倒し込みの過程から握っていたブレーキレバーを、ようやくここでリリースします。


重要なのは、じわじわ緩めながら思い切ってスパっとリリースすることです。


※音が出ますのでご注意ください



そうすることで、バンクさせた状態でのブレーキで発生していた直立しようとする力が抜け、セルフステア機能によってついた舵角の方向へ向かおうとします。


コーナリングで最もバンク角が深くなるポイントであり、一瞬にしてクイックに旋回します。


グニュっと押しつけられていたフロントタイヤと、ジワッと縮んでいたフロントフォークが元に戻ろうとするタイミングに合わせてクルッと旋回しますので、その感覚をつかんで下さい。


この映像を見れば、フロントフォークの動きと一次旋回のタイミングのイメージが掴みやすいと思います。  ↓↓↓


※音が出ますのでご注意ください

スキーで例えると、板が横滑りしていた状態から、エッジが雪面に食いつき、いっきに旋回する感じでしょうか。




一瞬の過程です。




コーナリングの一番のキモになる部分といってもいいかもしれません。


ステップのポジションとして、

イン側は、イン側の足裏の指の付け根でステップを斜め後方へ蹴るように荷重します。

アウト側は、荷重はほぼゼロですが、リヤタイヤのスライドなどに備えていつでも荷重できるようにしておきます。


クルッと向きが変わったら、クリッピングポイントを目指して二次旋回、スロットルONの準備をします。


      戻る 倒し込み      次へ 二次旋回



powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional